コラムトップ > FXの基礎知識

FXの基礎知識の最近のブログ記事

FXと聞くと悪いイメージを持たれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
何故ならFXに悪いウワサが何かと飛び交っていた時期があったからです。

というのも1998年の外国為替証拠金取引法という法律が改正されたことで
可能になったサービスがFXです。ですがFX業者を取り締まる法律が存在していなかった為
過去に一部のFX業者で詐欺のようなFX業者が現れそのことでトラブルが発生したという事実があります。

しかし改正金融先物取引法という法律が平成17年7月1日より施行されたことで、
顧客の保護が徹底されるようになりました。

そのためFX業者を選ぶポイントとして売値や買値などについて公正な価格を提示しているかや、
保証金の管理についてなどをきちんと確認する必要があります。

そしてFXについてはもちろん、各取引について自身が知識と情報を得ると共に、
安心して任せられるFX業者を選ぶことがトラブルを回避するために一番重要なことなのです。

FXを誤解されている方も多いかと思いますが、
FXは決して危険なものでもなければ扱いの難しい金融商品でもありません。
自身によるリスク管理をきちんと行う事で少ない保証金で大きな利益を期待することが出来るのです。

ですのでFXは思っている以上に魅力的なものなのです。
そして自分の大事な資産を様々な通貨に投資するのがFXですので、
実際にFXを始める前にFXについて、さらには投資しようとする国について
知識を身につけておくことが大切です。

例えばFXの具体的な投資手法やFXのリスクやFXの様々な要素について把握しておく事で、
実際に取引を始めてみるとどれだけFXが魅力的なのかが分ると思います。

そのためFXを上手に活用し、少ない投資で大きな利益を得て、
今後自分の資産を益々潤していきましょう。

現在の日本は膨大な借金を始め、少子高齢化、年金問題、
そして国内産業の空洞化や医療・介護保険の破綻など実に様々な問題を抱えています。

これらを考慮し今後、円の価値は上がる?と聞かれれば首を傾げたくなりますよね。
このような状況で資産のリスクを日本という国だけに掛けてしまわないことが大切だと思っています。

というのも大抵の人が自分の資産を日本円だけで所有しているかと思います。
これは「日本円の抱えるリスクも含めて日本円を信用する」ということなのです。
果たして現在の「日本円」には私たちの資産財産の全てを賭けるほどの信用があるのでしょうか?

国際的な常識から見た場合、外貨を持たないということはかなり危険なことなのです。
出来れば資産を円だけでなくFXで複数の外貨にして所有する方が、資産のリスクを分散する事ができるのです。

そのためFXを長期に渡りされてきた方であればお分かりかと思いますが、
FXを長く続けていく事で「自分の資産をリスクから守る」という概念が自然と身についてくると思います。

FXはどのような人に向いているのでしょうか。
外国為替は24時間休む事のないマーケットです。
そのためFXは証券取引に比べ時間に拘束されずに済みます。

ですのでリスク管理機能など必要な機能を使いこなせれば、
日中に仕事や家事などで忙しいサラリーマンや主婦の方にも向いていると言えます。

その他にもFXが向いている方には、例えばインターネットに興味があったり、
パソコン操作に慣れていたり、ITに日頃から慣れ親しみ充実した機能を使いこなせる方などにもFXは向いています。

しかしFXそのものが初心者であれば充実した機能を使いこなすことは無理かと思われがちですが、
最近ではツールの使い勝手も良くなり、FX初心者の方でも無理なくFXを始めることができる投資環境が整っていますので心配無用です。

更にFXでは国際情勢で為替レートが変動する性質がありますので、
金融や経済などに普段から関心を寄せている方にも向いているのではないでしょうか。

このようにFXは24時間世界を相手に取引が行われ、
インターネットが普及した事で一般になりつつある取引ですから、
正に国際人には最適な次世代型オンライントレードであると言えますね。

FXの特徴でもある「売る」からでも「買う」からでも始められるというのは、
例えば外貨預金であれば取引を始める時は「円」で外貨を買って預け、
それを引き出す際には外貨を売って「円」に換えますよね。

つまり外貨預金の場合、手持ちの通貨が「円」の為、
外貨を「買ってから売る」取引しかできないということです。
そのため外貨の安い時に預けて、外貨の高いときに売って引き出す事で為替差益が得られるのです。

ですが逆に外貨の高いときに安い「円」で高い外貨を買ってしまうと損になってしまいます。
なのでこの場合には損をしたくないので取引はしませんよね。
しかしFXであれば買いも売りもどちらからでも取引可能なので、
外貨が安ければ買いの取引を、そして外貨が高ければ売りの取引が可能なわけです。

このようにFXでは、外貨預金と違い売りからでも買いからでも取引が可能であることから、
どのような為替状況においても利益を得ることが可能となるわけです。

 

また手数料も大きな違いがあります。

FXではくりっく365では手数料が発生しますが、店頭FXでは手数料0円はあたり前で、
スプレッドがFX会社の利益、お客の手数料と考えることが出来ます。

現在の店頭FXのスプレッドは米ドル/円で0.3銭~1銭位と各会社によって違いますが、
かなり狭いですね。それに比べ外貨預金では1円~2円、さらに取引手数料もかかってきます。
外貨預金感覚でするならばレバレッジをかけない(1倍)でFX取引をすれば同じことで、
手数料も断然有利になるわけです。

FXで利益を得る場合、主に2種類の利益があります。

為替の変動で「利ざや」を稼ぐ「為替差益」
通貨間で発生する金利差で生じる利益を稼ぐ「スワップポイント」の2つです。

そしてFXには外国の通貨を売ったり買ったりする際、
どちらの取引からでも始められる。つまり「売る」取引からでも「買う」取引からでも
好きなほうから取引を始める事が出来る。というFX独自の特徴があります。

しかしFX独自の特徴は上記になりますが、その他にもFXには特徴があります。
それは証拠金で外貨の売買つまり外貨の交換を行うということです。

このようにFX独自の特徴により最初にあげた2種類の利益が得られるわけです。

FXはFX会社に証拠金を預けて外貨売買の取引を行います。
そして何度も言うように証拠金は取引を行うための担保ということになり、
その何倍もの取引が可能となるのがFXです。
 
そのため例えば数万円を証拠金として預けてもその数倍もの額の取引が可能になり、
最初に預けた証拠金以上の取引を行う事でハイリターンを期待することが出来るのです。
これがレバレッジ効果です。

しかしレバレッジに関して言うと、
レバレッジを何倍までかけることができるのかはFXを取扱う会社により異なります。
またハイリターンが期待できると同時にもし損失が発生した場合にはリスクも大きくなります。

そのためレバレッジをどこまでかけるのかについては、
取引の内容と今までのFXの経験で冷静に判断する必要があるのです。
ポジションを建てる際にどこまで思惑と反対に動いたらロスカットするのか、
さらにどこまで動いたら資金がなくなるのか位は常に確認しておくことが必要です。

FXには「レバレッジ」と呼ばれる特徴があると先ほどお話しましたね。
ではこの「レバレッジ」とは一体何のことなのでしょうか。

レバレッジを直訳すると「てこの力」という意味なのですが、
経済用語として用いられる場合と、この場合のFXの世界で用いられる場合とではちょっと意味合いが違ってきます。

そこでFXの世界では、元本、つまり証拠金に対する
投機的取引金額の倍率を表す用語として主に用いられています。

最近注目されている個人投資家向けの外国為替取引に外為どっとコムの「外貨ネクスト」と呼ばれるものもありますが、
この場合もレバレッジという用語がよく使用されています。

何故ならこの取引が保証金取引になるからです。
つまり担保とした保証金に対する、実際に取引する金額(総約定代金)の倍率が
レバレッジと呼ばれるものなのです。

ちなみにレバレッジの算出法は以下になります。

取引可能な最小単位あたりの取引額(総約定代金)÷最小取引単位あたりの担保=取引保証金額(レバレッジ)
FXのイメージは?という問いに対して
「外国で使用されている通貨を安く買い、今度はそれを高く売ることで差額分を儲ける。あるいは差額分を稼ぐ」
このような返答をされる方多いのではないでしょうか。

そしてこれが世間一般で認識されているFXのイメージではないでしょうか。
そこで「FXを全く知らない」という人にも分りやすいように一例を挙げてみます。
例えば為替レートが1ドル100円の時に100万円で1万ドルを買うとしますよね。

そうなると1万ドルが100万円となります。
ですがこの時に為替レートが1ドル110円になるとどうなると思いますか。
この場合、1万ドルが110万円になるのです。
そしてこの時に売ることで110万円から100万円を引いた10万円が利益となるわけです。
(但し手数料は含まれません)

しかしここで例に挙げた「100万円なんてそう簡単に用意できるお金じゃない」と誰もが思いますよね。
ですがFXには「レバレッジ」と呼ばれる特徴があります。

この特徴を利用すると10万円を保証金として1万ドルを運用する事も可能になるのです。
つまりこの特徴を利用した場合、10万円の保証金で10万円の利益を得ることができるというわけです。

ですがもし為替レートが1ドル90円になった場合どうなると思いますか。
もしこのような場合になると10万円損益し、最初の保証金10万円がパーになってしまうことになります。
これがハイリスク・ハイリターンですね。

このようにハイリスク・ハイリターンにならないようにするためには、
FXの特徴でもあるレバレッジをどれだけ上手く利用することができるかがFX取引の決め手となるわけです。
FXとはForeign Exchangeの略です。

これを日本語に訳すと「外国為替証拠金取引」となります。
他にも「通貨証拠金取引」「外国為替保証金取引」と呼ばれることもあります。

そこでFXとは、証拠金を担保として一定額を預け、
外国為替を売ったりまたは買ったりする際に、
担保にした証拠金の数倍もの取引単位で行う事が出来る金融商品のことです。

しかし通貨と一言で言っても日本では「円」ですが、
世界中では様々な通貨が使用されています。

例えば良く耳にするのはアメリカで使用されている「米ドル」や
イギリスで使用されている「英ポンド」そしてヨーロッパ連合では
統一の通貨として使用されている「ユーロ」などです。

これら世界で使用されている外貨を売買、
つまり外貨を交換して利益、つまり利息を稼ぐ事がFX取引の基本となります。