コラムトップ > FXのメリット

FXのメリットの最近のブログ記事

FXは取引量や流通量が多く、
売りやすくそして買いやすいということもFXのメリットです。

例えば株式投資であればいくら自分が買いたいと思った株があっても、
その株を売る人がいない場合、取引は不成立ですよね。
逆に自分が持っている株を売りたくても買ってくれる人がいなければ同じ事です。

そして特にこのような傾向が見られるのは取引量と流通量の少ない銘柄です。
取引が不成立で尚且つ売買のタイミングを逃したり悪かったりすることで、
多大な損害を被ることもあります。

しかしFXでは取引の対象が外貨であり、しかも主要な通貨のみの扱いとなりますので、
滅多に上記のようなことが起こることはありません。

このようにFXでは売りたい、逆に買いたいと思ったその時すぐに
売買取引の対応が可能になるというメリットがあります。

しかしFX取引でも注意しなければならないのが、
取引量や流通量が少ないマイナー通貨ペアがあることと、
市場参加者が極端にすくなる時期があることです。
これはまた別の項で書きたいと思います。

FXのメリットには銘柄を選ぶ際にそんなに悩む必要がないという点があげられます。
株式投資であれば対象は膨大な数の上場企業となりますよね。
FXでも外貨には原則的に国の数だけ通貨があるとされていますが、FXの対象となる通貨は限られています。

かといってFXで投資の対象が限られることが何故メリットになるのか疑問ですよね。
この場合、副業で投資を始めようとする方が、銘柄が膨大にある株式に投資しようとすると、
その中から自分が投資する銘柄を選び見極めなければなりません。

しかしそれは決して楽なことではないですよね。
ですがFXのように対象の銘柄つまり対象となる通貨が限られていれば、
その分情報収集に関しても、管理に関しても楽だと言えるのではないでしょうか。

そのため銘柄を選ぶ手間を省きたい例えば忙しいサラリーマンや主婦の方にしてみれば、この点はかなりのメリットとなるはずです。

FXの取引方法は1つだけではありません。
FXでは様々な取引方法によって取引が可能です。

このことで効率的にリスク管理をすることができます。
そこでFXの取引方法には「ロスカット」「イフダン」「OCO」などの発注方法があります。

これら様々な発注方法を上手く組み合わせる事で発注システムの前に座って構えることなく、
自動で外貨の売買が可能となるのです。

このようにFXには様々な取引方法があり、
そのことでリスク管理が効率的に行う事が出来るというメリットがあります。

 

またFXのメリットには外貨貯金と比べて為替レートが

有利な時に取引をする事ができるということが挙げられます。
外貨貯金であれば毎日朝に決定されたレートがその日1日中固定されます。

ですがFXの場合であれば、取引の際の為替レートが外国為替市場の実勢レートに基づき
1日中変動することから、時には政治や経済などの要因で大きく上下することもあるのです。
このことからFXは外貨貯金に比べ有利な為替レートでの取引ができるというわけです。

しかし為替レートが1日中変動しない場合、例え外国為替市場の実勢レートが有利であったとしても、その為替レートで取引は出来ません。それに対し1日中為替レートが変動するFXでは最も有利な為替レートで取引する事が出来ます。

そのため外貨が安い時間に買って、外貨が高くなってから売ることでその日のうちに利益を確定させる事が出来るのです。これについてもFXのメリットとなります。

 

先ほどFXのメリットでスワップポイントを受け取る事が出来るとしましたが、
もっと具体的に言いますと、まずスワップポイントとは、
金利の高い通過の利息から金利の安い通貨の利息を引いて出た差額分がスワップポイントとなります。
 
そのためこのような取引をした場合にスワップポイントによる利息を受け取る事が出来るのですが、
日本で使用されている通貨「円」が世界の主軸通貨の中で最も低金利の通貨となります。

ですので日本円を売って金利の高い外貨を買うことで
利益差より発生する利息を利益として得ることが出来るわけですが、
FXの場合このスワップポイントによる利益を毎日受け取る事が可能なのです。

しかし先ほども言ったように逆の取引をしてしまうと
スワップポイントの金利差益を毎日支払わなくてはなりません。

とにかくFXは安く買い高く売り、高く売り安く買うことで得られる
為替差益とスワッピングによる金利差益で利益を得ることが目的です。

そのため為替差益とスワップポイントどちらの利益を得たいのかを明確に
きちんとした戦略を立ててからFXを行うのがポイントです。
このように毎日スワップポイントを受け取る事ができるということもFXのメリットです。

 

 FXで得られる利益の一つに「スワップポイント」と呼ばれるものがあります。
これは高金利通貨を買って、低金利通貨を売った場合にこれら2カ国間で金利の差が生じます。
 
この金利の差の分をスワップとして受け取る事が出来るのです。
FXではこのスワップポイントでも利益が発生します。

現在日本円は先進国では異常ともいうべき低金利通貨ですので、
日本円で他の主軸通貨を買う取引をすればほとんどの場合、
金利差=スワップポイントを受け取ることが出来ます。

しかし逆に低金利通貨を買って、高金利通貨を売った場合には
2カ国間で発生した金利の差分のスワップポイントを自分が払わなければなりません。

このようにFXではスワップポイントを受け取る事ができる。
というメリットがありますが、逆の場合には自分がスワップを支払わなければなりませんので注意しましょう。

FX取引では証拠金制度が採用されています。
そのため取引総代金と比較しても少ない資金で大きな取引が可能となります。
これもFXのメリットです。

例えばあるFX会社では、1万米ドル分(80円で計算すると80万円)の取引を
今ですと約3万2千円で始める事ができるのです。
これがレバレッジ効果によるものです。

また千通貨単位や百通貨単位、さらには1通貨単位から取引が出来るFX会社も登場し、
証拠金もそれに伴いン十円単位からFXが始められるようになってます。

また取引を行うコストが安いこともFXのメリットです。
外貨を売ったり買ったりする際に伴う取引手数料無料がいまや当たり前となっています。
(くりっく365では手数料が発生しますが・・・)

ですのでコストはスプレッド分のみとなります。
ドル円スプレッドが0.3銭だった場合、1万通貨の往復取引で60円の
スプレッドコストがかかるということです。

ですので現在、FX会社を比較する際にこのスプレッドの狭さ=スプレッドコストの
低いFX会社が口座を解説する際のファクターの一つになっており、
スプレッドの幅をいかに狭く提供できるかの競争も激しさを増している状況で、
われわれ投資家からすれば願ったりかなったりですね。

このようにFXは投資金額が少なくて済むことと、
取引コストが安くて済むというメリットがあります。

FXの最大のメリットはやはり「少ない投資金額で参加できる」ことです。
というのもレバレッジで説明したようにFXでは最低でも保証金が3万円から10万円程の小額でも
レバレッジを聞かせることで、1万米ドル(現在のレートで約80万円分)の取引ができるのです。

米ドル/円の買いポジションの場合、円安になれば利益が発生し儲ける事はできますが、
逆に円高になると例え1円上がっただけでもかなりの損をすることもあります。

そして株式市場であれば9時から15時の取引時間であるのに対し、
FXの取引可能な時間帯は月曜の朝から土曜の朝まで24時間連続して行われる為、
サラリーマンなどでも時間を気にしなく取引参加可能なのがFXです。

しかしFXを取扱う全ての会社が24時間に渡って取引をしているわけではありません。
中には毎朝メンテナンスと称し取引をとめている会社もあります。
そのため24時間で自由に取引をしたい方は自分が利用するFX会社に予め確認しておく必要があります。

また24時間取引可能ということは、暇な時間や仕事から帰ってきてからも取引が可能ということです。これがFX最大のメリットになります。