コラムトップ > FXの分析手法 > FXのテクニカル分析

FXのテクニカル分析

FXでは為替レートの変動を見極めるための分析方法がいくつかあります。
その中に「テクニカル分析」があり、テクニカル分析とは、
今までの過去の相場の動きをチャートによって表し、
これを基に今後の値動きを予測する方法です。

またテクニカル分析以外でも色々な分析手法を上手く活用する事で
FXの勝率をアップさせることも可能です。

FXのような外国為替相場は景気やその国の政策、金利、地政学的リスクなど
様々な要素が複雑に絡み合うことで相場が変動します。

しかし自分が取引しようとする外貨を使用している国について、
またはその他の国についていくら最新の情報を全て集めたところで
実際に相場の動きを正確に予測する事は出来ません。

そのためFXのような外国為替相場を予測するために頼りになってくるのが、
過去の相場の動きをチャートで表す、テクニカル分析というわけです。

【上:トレンド系指標の一目均衡表 下:オシレーター系指標のMACD】

20121113-investa7.jpg

FXで相場の動きを予測するためテクニカル分析をする前にまず、
それぞれのテクニカル指標の見方から覚えなければなりません。
そこでテクニカル分析で使用されるテクニカル指標は以下になります。

価格の方向性を示す「トレンド追随型テクニカル指標」
代表的なものに、
・移動平均線
・ボリンジャーバンド
・一目均衡表 などがあります。

買われ過ぎや売られ過ぎを示す「オシレーター系テクニカル指標」
代表的なものに、
・MACD
・RSI
・ストキャスティクス などがあります。

方向への強弱を示す「出来高指標」
代表的なものに、
・ボリュームレシオ
・ワコーボリュームレシオ
・オンバランスボリューム などがあります。

以上の3つの指標がFXでもテクニカル分析で用いられています。

しかしこれらの指標それぞれがどんな時に有効になるのかなど、
特徴があり、メリットもあればデメリットもあります。

そのため指標パターンを多く把握すればそれだけ、自分の取引スタイルに合う相場に、どのテクニカル指標が有効であり、またそれぞれのデメリットを克服するためにはどの指標との組み合わせが良いのかなどが分ってくるはずです。