コラムトップ > FX取引の始め方 > スワップ金利の注意点

スワップ金利の注意点

FXでは預ける証拠金以上の売買が可能となります。
何故なら証拠金を預けたとしても、
FXでは実際の取引資金となり異なる2種類の通貨を交換する相互取引になるため、
買う取引をすると同時に売る取引が成立します。

この売る取引と買う取引が常に両立していることで、
証拠金が10万円であったとしても、
100万円相当の取引が可能になるというわけです。

また売買により生じる金利はスワップ金利と呼ばれ、
高金利の通貨を買って、逆に低金利の通貨を売ると
その金利の差分を受け取る事ができます。

しかしスワップ金利を受け取るためには上記のような取引をしなければなりませんが、
上記と逆の取引、高金利の通貨を売って、低金利通貨を買うと
こちらがスワップ金利を支払わなくてはなりません。

そのためスワップ金利は2種類の通貨間の金利の差によって決まりますが、
取引をする際には注意が必要になります。