コラムトップ > FXの注文方法 > 逆指値注文

逆指値注文

FXの注文方法に「逆指値注文」と呼ばれるものがあり、
これは基本的には先ほどの指値注文と同様です。
というのも値段を自分で指定して注文を行う方法だからです。

そこでもっと簡単に言うと「指値注文では利益を確定させるために」
そして「逆指値注文では損失を限定するために」それぞれ使われるのがFXでは一般的です。

また逆指値注文は一般的に損失を限定させるために使われるということもあり、
別名「ストップ注文」または「ロスカット注文」などとも呼ばれ、
指値注文とは逆に現在より悪条件で取引をするのです。

このようにFXの指値注文では自分で売値と買値を指定して注文をし、
好条件で取引を行うのに対し、逆指値注文は悪条件で取引を行うことで、
損失を限定させるために使われる注文方法です。

 

【逆指値注文の損失確定】

gyakusasine.jpg

FXの逆指値注文では指値注文とは逆に自ら悪条件の取引をするよう値段の指定を行います。
でもそれは一体何故なのでしょう?ここではもう少し詳しくそのことについて説明していきますね。

FXの逆指値注文では現在の値段より高くなったら買い、
逆に現在の値段より安くなったら売り注文を出すため、
FXでこのような注文方法は悪条件での取引となってします。

しかし何故このような注文が必要になるのかについてはきちんとした理由があり、
簡単にいうと損失を限定させるためです。それはFXでいくら利益を得たいと言っても
必ずしも相場が予想通り動くとは限りません。

そのため予想通りの相場にならなかった時のために逆指値注文が必要になるのです。
そのことで予想通りいかなかった時の損失を限定し、
予想外の損失を被らないようにするため逆指値注文をするのです。

また逆指値注文で注意したいのが、
注文を出して約定する際は成行注文で約定されます。
ということはもちろんスリップページが発生する場合があるということです。
しかし逆指値注文ではスリップ設定を行う事が出来ませんので要注意です。