コラムトップ > FX取引の始め方 > FX取引の手数料

FX取引の手数料

相対取引業者でFX取引する際、今では取引手数料0が当たり前となりましたが、
為替スプレッド、スワップスプレッドこの2つに手数料がかかってきます。

為替スプレッドとはFXの手数料の一つで、
通貨を売買する時に発生する、売値と買値の差を「為替スプレッド」といいます。

例を挙げると、1米ドルが80円10銭-15銭だったとします。
この場合、円から米ドルに交換する時に80円15銭で買うことができて、
逆に米ドルから円に戻す、つまり売るときには80円10銭で円に戻すことができます。

このように米ドルと円を往復すると10銭と15銭の差分で5銭が手数料となるわけです。
そして80円10銭の10銭が「ビッドレート」と呼ばれ売る際のレートとなり、
80円15銭の15銭が「オファーレート」と呼ばれ買う際のレートとなります。

そのため為替スプレッドが少なければその分、お客にとって有利となるわけです。
FXを始める方はこの為替スプレッドについても理解しておきましょう。

 

FX会社によっては受け取れるスワップポイントの額が異なります。
何故ならスワップポイントより手数料を多少徴収されているためです。
またFX会社によって、本来のスワップポイントと実際受け取れるスワップポイントに
1割も差がついている場合もあります。

この1割の差は大きいですよね、これがスワップスプレッドです。
1割がスワップポイントから手数料として徴収されているわけですから。
そのためFX会社を選ぶ時でも各FX会社でスワップポイントの手数料について
どれほど徴収されるのかを確認しておかなければなりません。

しかし最近のFX会社では同業者同士、競走しているかのように
適正な価格つまり本来受け取れるスワップポイントに非常に近い
スワップポイントが提示されているようです。

このようにFX会社によって何故受け取れるスワップポイントが異なるのかというと、
本来のスワップポイントから手数料が多少引かれるため、
実際に受け取れるスワップポイントとの差が生じてくる。
というわけです。