コラムトップ > FX取引の始め方 > FXの取引形態

FXの取引形態

相対取引は別名非取引所取引または店頭取引とも呼ばれ、
取引所を経由せずにFXの取引を行うことを言います。

ということは、つまり取引所を経由しない取引となるため、
FX会社と直接取引きを行う形態になるわけです。

そしてこのような取引形態を行うFX会社は「くりっく365」に上場していない会社となるため、
相対取引による取引形態を行う場合、お客から預かる証拠金の管理は
各FX会社によって行われることになります。

そのため相対取引を行っているFX会社と取引をして、
もしそのFX会社が倒産してしまったとしても、
預けた証拠金が100%保護されるとは限りません。


ではもう一方の取引所取引。
これは先ほど説明した「相対取引」とは違い、
FXの取引が取引所を通して行われます。

そして取引所取引の場合には、取引をする相手はFX会社ではなく取引所となりますので、
この時のFX会社の役割はお客と取引所の仲介ということになります。

また取引所取引による取引形態がとられる場合としては、
くりっく365に上場しているFX会社と取引をした場合となり、
この時には証拠金を全額取引所に預託することと法律により義務付けられています。

そのため万が一取引をしているFX会社が倒産した場合であっても、
お客が預けた保証金については全額取引所によって保護されることになりますので安心です。

税金面では以前は相対取引は総合課税で取引所取引は分離課税と分かれており、
相対取引の総合課税で最高50%、取引所取引の分離課税で最高20%と取引所取引が優遇されていましたが、
今年の法改正で税金面では両方とも分離課税の一本化となり税制面での有利不利はなくなりました。

相対取引会社と取引所取引のくりっく365では違いが多々あります。
大きな違いは取引手数料で相対取引ではほとんどの会社が無料でくりっく365では手数料が発生します。
またスワップポイントでは相対取引会社はスプレッドが設定されていますがくりっく365では1本値(売買スワップが同値)
となります。

しかし今まで税制面で圧倒的に有利だった、くりっく365でしたが一本化されたため、
くりっく365の優位性が無くなり取引所取引業者の再編が相次いでいる状況です。