コラムトップ > FXの注文方法 > 指値注文

指値注文

FXの注文方法に「指値注文」というものがあります。
指値注文とは、自分で売りたい時そして買いたい時の値段を指定して売買を行う注文方法です。

またあらかじめ値段を指定し、価格によって限定する事から
別名「リミットオーダー」とも呼ばれ、指定した値段に為替レートが動くと
自動で売買がされるため先ほどの成行注文の時のように常に為替レートを意識する必要がありません。

指値注文で注意したいのは、
現在の価格から上昇したら「売り」、
現在の価格から下落したら「買い」注文が約定することになります。
また指定した価格に達すると指定した価格で約定します。
成行注文のようにスリップページが発生することは基本的にありません。

しかし例外があり、土曜日の為替市場が閉まってから、
月曜日オープン時に価格が変動すること(よく窓明けなんていいますが)があります。
この時はオープンして最初にFX業者から提示された価格が指定した価格内に入っていれば
不利な価格でも約定してしまいます。

このように指値注文は自分で売値や買値を指定して約定できるというメリットはありますが、
為替レートと指定した値段にほんの少しでも差が生じてしまうと約定しないと言うデメリットもあります。

更に指定した値段になるまでは売買が成立しないので、
すぐに取引をしたいという時には不向きな方法となります。
さらに指値注文を出す際に注文の有効期限を指定して注文することになります。
有効期限は「当日」、「週末まで」、「無期限」、さらに何社かは「日時指定」可能なところもあります。
有効期限を設定するとその期限が来ると指値注文はキャンセルされますが、
無期限を選んだ際は指値注文はその名の通り無期限で注文が残りますので、
忘れた頃に約定なんて事がありますので時々、注文状況を確認しておきましょう。

【GMOクリック証券の指値注文画面】

sasine.jpg

このようにFXの指値注文とは、売値や買値を自分で指定して売買取引を行う注文方法です。