コラムトップ > FX取引の始め方 > FXで勝つこととは?・・・為替差益

FXで勝つこととは?・・・為替差益

基本的に円安の時にFXで利益を得るためには異なる2種類の通貨を
為替レートの変動を利用し為替差益を得ることです。

簡単にいうと外貨が安くなったら買って
逆に外貨が高くなったら売ることで利益を得られます。
 
そこでもしこれから先円安ドル高の流れでいくと思ったら先に円を売り、
後でドルを買えばいいわけです。そして自分が思った通り円安ドル高の流れでいった場合には、
ドルを売り円を買えば利益が得られるわけですね。

では逆にFXで円高の時に利益を得るためには、
先ほど説明した円安の時と逆の手順を踏むと利益を得られます。

つまり円安の時とは逆ですから、
外貨が高ければ売り安くなってから買い戻すことで利益を得られるわけです。

そこで実際には、外貨が高いときにFX会社から外貨を借りて売り、
そしてどんどん円高が進んで外貨が安くなったら、外貨を買い戻し
最初に借りた外貨をFX会社に返すとその差益が利益になるというわけです。

しかしこの手法の場合、FX会社より最初に外貨を借りなければなりませんので、
手数料もその分余計に取られてしまい、借りる外貨も高金利のものとなってしまいますので、
スワップ金利を支払わなければなりません。

このように円高ドル安傾向が今後進むと予測した際には、
FX会社から外貨を借りて先にドルを売り円を買い、
実際予測通りになったらドルを買って円を得れば利益を得ることができるというわけです。

しかし口で言うのは簡単ですが、実際にこの手法で利益を得るためには、
為替レートの変動を見極め、今後どのような傾向になっていくのかを予測しなければなりません。

そのため為替レートの変動を見極める事こそがFXで利益を得るための基本となるのです。
ちなみにこれはFXに限らず、株価や日経平均のようなあらゆる金融商品でも言えることです。