コラムトップ > FXの注文方法 > ポジションとは

ポジションとは

FXの注文方法は様々有りますが、その前に簡単にポジションについてですが、
ポジションには買玉と売玉があり、例え円安で動いたとしても、円高で動いたとしても
いずれも利益を得ることが出来ます。

そして通常の外貨取引では円でドルを買い、タイミングを見て売って円に戻す方法が
一般的で買いの時よりもドル高の時に売ることで利益を得られます。

そこで買ったドルを持っている状態を「買いポジションを作る」と言われ、
保有しているドルのことを「買玉」または「ロングポジション」と言います。

しかし買いがあれば売りもあります。それが「売玉」です。
この売玉は「ショートポジションを作る」と言われ、
先に売っておいて後になって値段が下がると儲けが出るとされるものです。
株の信用取引などでもありますね。

このようにFXも外貨取引となるため、
「買玉またはロングポジション」
「売玉またはショートポジション」と呼ばれ、
いずれのポジションであっても利益を得ることができるのです。

これらを頭に入れてFXの注文方法をそれぞれ見ていきましょう。