コラムトップ > FXのリスク > FX取引と信用リスク

FX取引と信用リスク

FXのリスクには「信用リスク」が伴います。
これは簡単に言うと、もし万が一自分が取引している会社が経営破たんなどで倒産してしまった場合、預けていた保証金などが保全されない。つまり回収できないというリスクです。

そして信用リスクを回避するには、FXを始めようとする私たち自身が取引するFX会社を選ぶ際に慎重に吟味する必要があります。

そこで信用リスクを回避するためには以下の2点に注意してFX会社を選びましょう。

・取引会社が上場しているか、もしくは親会社が上場しているか?

・クリック365と呼ばれるFX取引の公設取引所に上場しているのか?
 
・証拠金の管理方法はどのようになっているのか?

・自己資本規制比率の確認!

以上の4点に注意してFX会社を選ぶ必要があります。

しかしクリック365や上場していないからといって全てのFX会社が危険というわけではなく、
そういうFX会社の中には、証拠金の管理がしっかり行われることでお客の資産の安全性を向上させているFX会社もあります。

このようにFXでは選ぶFX会社によって「信用リスク」を伴う事になる為、
このリスクを回避したければ上記に挙げた4点をチェックした上でFX会社を選ぶようにしましょう。