コラムトップ > FXのメリット > リスク管理もFXのメリット

リスク管理もFXのメリット

FXの取引方法は1つだけではありません。
FXでは様々な取引方法によって取引が可能です。

このことで効率的にリスク管理をすることができます。
そこでFXの取引方法には「ロスカット」「イフダン」「OCO」などの発注方法があります。

これら様々な発注方法を上手く組み合わせる事で発注システムの前に座って構えることなく、
自動で外貨の売買が可能となるのです。

このようにFXには様々な取引方法があり、
そのことでリスク管理が効率的に行う事が出来るというメリットがあります。

 

またFXのメリットには外貨貯金と比べて為替レートが

有利な時に取引をする事ができるということが挙げられます。
外貨貯金であれば毎日朝に決定されたレートがその日1日中固定されます。

ですがFXの場合であれば、取引の際の為替レートが外国為替市場の実勢レートに基づき
1日中変動することから、時には政治や経済などの要因で大きく上下することもあるのです。
このことからFXは外貨貯金に比べ有利な為替レートでの取引ができるというわけです。

しかし為替レートが1日中変動しない場合、例え外国為替市場の実勢レートが有利であったとしても、その為替レートで取引は出来ません。それに対し1日中為替レートが変動するFXでは最も有利な為替レートで取引する事が出来ます。

そのため外貨が安い時間に買って、外貨が高くなってから売ることでその日のうちに利益を確定させる事が出来るのです。これについてもFXのメリットとなります。