コラムトップ > FXの基礎知識 > FXと資産

FXと資産

現在の日本は膨大な借金を始め、少子高齢化、年金問題、
そして国内産業の空洞化や医療・介護保険の破綻など実に様々な問題を抱えています。

これらを考慮し今後、円の価値は上がる?と聞かれれば首を傾げたくなりますよね。
このような状況で資産のリスクを日本という国だけに掛けてしまわないことが大切だと思っています。

というのも大抵の人が自分の資産を日本円だけで所有しているかと思います。
これは「日本円の抱えるリスクも含めて日本円を信用する」ということなのです。
果たして現在の「日本円」には私たちの資産財産の全てを賭けるほどの信用があるのでしょうか?

国際的な常識から見た場合、外貨を持たないということはかなり危険なことなのです。
出来れば資産を円だけでなくFXで複数の外貨にして所有する方が、資産のリスクを分散する事ができるのです。

そのためFXを長期に渡りされてきた方であればお分かりかと思いますが、
FXを長く続けていく事で「自分の資産をリスクから守る」という概念が自然と身についてくると思います。