コラムトップ > 外国為替と通貨、その特徴 > FXで人気のある通貨

FXで人気のある通貨

FXで取引される流動性の高い通貨は限られています。
そこで日本円以外でFXで流動性が高く取引量が多い通貨は以下になります。

米ドル 通貨記号はUSD
ユーロ 通貨記号はEUR
ポンド 通貨記号はGBP
オーストラリアドル 通貨記号はAUD
スイスフラン 通貨記号はCHF
カナダドル 通貨記号はCAD

などが代表的な通貨であり、上記は通称メジャー通貨と呼ばれれます。
またこれら以外の通貨がいわゆるマイナー通貨ですね。

国際決済銀行による2010年の取引高の割合ですが、
世界で通貨ペアで取引量が多いのが
ユーロ/米ドル、米ドル/円、ポンド/米ドル、
米ドル/豪ドル、米ドル/カナダドルがTOP5となっており、
TOP3だけで全体の51%を占めています。
一方、日本の市場では米ドル/円、ユーロ/米ドル、ユーロ/円
のTOP3でなんと80%も占めています。

このようにFXで取引される通貨には上記があり、
FXで取引する際にもそれぞれの通貨で特徴があります。
そのため、FXではどの通貨がどんな影響を与え合っているのかについても把握しておく必要があるのです。