コラムトップ > FXの基礎知識 > FXのイメージ

FXのイメージ

FXのイメージは?という問いに対して
「外国で使用されている通貨を安く買い、今度はそれを高く売ることで差額分を儲ける。あるいは差額分を稼ぐ」
このような返答をされる方多いのではないでしょうか。

そしてこれが世間一般で認識されているFXのイメージではないでしょうか。
そこで「FXを全く知らない」という人にも分りやすいように一例を挙げてみます。
例えば為替レートが1ドル100円の時に100万円で1万ドルを買うとしますよね。

そうなると1万ドルが100万円となります。
ですがこの時に為替レートが1ドル110円になるとどうなると思いますか。
この場合、1万ドルが110万円になるのです。
そしてこの時に売ることで110万円から100万円を引いた10万円が利益となるわけです。
(但し手数料は含まれません)

しかしここで例に挙げた「100万円なんてそう簡単に用意できるお金じゃない」と誰もが思いますよね。
ですがFXには「レバレッジ」と呼ばれる特徴があります。

この特徴を利用すると10万円を保証金として1万ドルを運用する事も可能になるのです。
つまりこの特徴を利用した場合、10万円の保証金で10万円の利益を得ることができるというわけです。

ですがもし為替レートが1ドル90円になった場合どうなると思いますか。
もしこのような場合になると10万円損益し、最初の保証金10万円がパーになってしまうことになります。
これがハイリスク・ハイリターンですね。

このようにハイリスク・ハイリターンにならないようにするためには、
FXの特徴でもあるレバレッジをどれだけ上手く利用することができるかがFX取引の決め手となるわけです。