コラムトップ > FXの基礎知識 > レバレッジをどこまでかけるか

レバレッジをどこまでかけるか

FXはFX会社に証拠金を預けて外貨売買の取引を行います。
そして何度も言うように証拠金は取引を行うための担保ということになり、
その何倍もの取引が可能となるのがFXです。
 
そのため例えば数万円を証拠金として預けてもその数倍もの額の取引が可能になり、
最初に預けた証拠金以上の取引を行う事でハイリターンを期待することが出来るのです。
これがレバレッジ効果です。

しかしレバレッジに関して言うと、
レバレッジを何倍までかけることができるのかはFXを取扱う会社により異なります。
またハイリターンが期待できると同時にもし損失が発生した場合にはリスクも大きくなります。

そのためレバレッジをどこまでかけるのかについては、
取引の内容と今までのFXの経験で冷静に判断する必要があるのです。
ポジションを建てる際にどこまで思惑と反対に動いたらロスカットするのか、
さらにどこまで動いたら資金がなくなるのか位は常に確認しておくことが必要です。