コラムトップ > FXのリスク > 為替変動リスク

為替変動リスク

FXも良いことばかりではありません。
メリットがあればデメリットも存在します。
確かに上手く運用する事ができればハイリターンで大きな利益を得ることは可能です。
ですが当然リスクも伴います。
 
そこでFXのデメリットにまず「為替変動リスク」がげられます。
この為替変動リスクは外国為替取引に必ずといっていいほど付随してしまうリスクですのでよく覚えておきましょう。

為替変動リスクとは、資産が外貨の時、為替レートの変動により外貨を円に戻した際に影響を受けてしまうことです。
FXでは売るか買うかどちらかのポジションを持ち外貨による資産を持っている状態になりますので、
このようなリスクを負わざるをえないのです。つまり建てたポジションが思惑と反対に動いて損を出すこと。
はっきりいえばFX取引で負けた時のことそのもの為替差損ですね。

このようにFXにはこの為替変動リスクの他にも様々なリスクを伴いますので、
FXのリスクについてきちんと把握しておきましょう。

 

先ほどポジションという言葉を使用しましたが、
FXの場合でいうポジションとは外貨を売るか、
買うかした時にまだ取引が終了せず決済が済んでいない状態の事をいいます。

FXでは為替変動リスクを伴うため、例えばスワップポイントで年利5%の利益を得られたとしても、
為替変動により10%値下がりすると損をする場合もあります。

だからといってもちろん下がりっぱなしということはありません。
例え下がったとしても上がる可能性もありますから、必ずしも危険であるとは言えないのですが、
安定した運用を期待する方にとってはこれはリスクになります。

そのためFXで為替リスクを回避するには、通貨の値段がどのように変動するのか分析するしか手はありません。ちなみにこれらを分析するのであれば「ファンダメンタルズ分析」と「テクニカル分析」によって可能となります。